新橋に漂う鉄板焼きの香り

食材を調理する際には色々な方式の中から味を最も引き立てる事ができる方式を選んで採用します。



そのような方式の中にあるのが鉄板焼きで、馴染みのある方法の1つと言えるでしょう。新橋で食べる本格的な味も良いですが、昨今ではホットプレートが普及し性能も向上しているので自宅でも日常的に鉄板焼き料理が食べられています。
しかし、やはりホットプレートと本格的で豪快な鉄板焼きは基本的な仕組みは同じだとしても大きく異なります。



豪快な印象で美味しいという点からアウトドアでの定番になっていますし、お祭りなどでは香りを漂わせて人を呼び込むといった手法も取り入れられています。

ロケットニュース24を知りたいならこちらです。

新橋においても夕方になるとお店から独特なソースの香りが漂ってきてつい立ち寄って食事するというサラリーマンが多いです。

こうした鉄板焼きというのは、長い歴史を持っているように見受けられるのですが、実は歴史は古くありません。

日本で長年続けられてきたのは食物を火で焼くという方法で、鉄板などを介する事は無かったのです。


その後、直接火で炙ることはな減ったものの網を使用するというもので鉄板ではありませんでした。

このような様子はとても長く続き、昭和の初期に入っても鉄が希少であった事から鉄板焼きは一般的にはなりませんでした。
時代の変化で徐々に鉄が安くなり食事のために用いる事ができるようになったことから、新しい調理方法として広まり今では新橋以外に全国各地で人気になっています。

top